■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ジャズベで"Remember The Time"を弾いてみた♪

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 00

音楽と楽器を愛する皆々様、いつもご来訪いただきまして誠にありがとうございます。呼ばれなくてもやって来る、へっぽこアマチュア・ベ~シストのヤセガエルでございます。

本日は、前回記事で予告いたしました通り、『投稿記事777件達成記念』といたしまして、先ごろ入手した楽器で制作した自作音源をUPいたします。
楽曲は、「またマイケル?」と言われそうですが、MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)"Remember The Time"。マーカス・ミラー氏らが主催したプロジェクト、『Billie Jean's All Stars』が非常にカッコ良かったんで、それっぽい編曲で作ってみました。

今回のヴォーカルはマイケル自身(アカペラ)。それに、クダンのジャズベース、フルホロウのエレキギター、ヤマハのアルトサックスを加えて、さらに打ち込みをミックスしました。
「聴いても良いぞ」な方は下のプレイヤーをクリックしてね!



Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 01

ハイ、その楽器、Fender Deluxe Active Jazz Bassです。

ど~ですか、このカタチ、このカラー。“スタンダード!”ってカンジでございましょう?
学生時代、友人から、夜中になると勝手に鳴りだす『呪いのジャズベース』を譲られて以来の所有です。(あまりに怖かったので二日で返却したから実質は初所有)

コダワリのポイントは、サンバーストのカラーとアクティブ・ピックアップを積んでいる事。そして何より、『フェンダー製であること』です。ココ重要にて。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 02

萌えポイント。新品を主張するラベルです。

最下段の"THE SPIRIT OF ROCK-N-ROLL"の表記が泣かせますね。このラベルと、下の保護ビニールをビャ~っと剥がすのが快感なのです。ファースト・オーナーにしか許されない特権的な儀式ですからね。『オマエの初めての●●●はオレだぜ~」的な愉悦の瞬間です。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 03

コダワリポイントのアクティブ・ピックアップの図。

何故のコダワリかと言うと、やはりノイズ対策と、手元のインピーダンスの最適化です。
宅録の場合、パッシブ・ピックアップだと、どうしてもPCやエアコンのノイズを拾ってしまうので、少しでもクリーンなトーンが欲しいというコトでコレを選びました。
"Noiseless"の表記通り、一般的なジャズベのピックアップよりノイズは静か(かな?)。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 04

本体コントロール部のツマミは5個(2連ポッド×1)です。

この部分は上位機種のアメリカン・デラックスと同一ではないでしょうか。左から、マスター・ボリューム、ピックアップ・セレクター、ベースとトレブルのブースト&カット、一番右がミッド・ブースト&カットのツマミとなっています。
可変幅は広く、手元で積極的な音作りが可能で、さらに、全てのツマミをフラットにすると、ヴィンテージ感溢れるいわゆる『ジャズベの音』が出ます。艶っぽく色っぽい音です。

ちなみにこのツマミ説明用シールも剥がせます。初めての男の特権です。ムハハハハ!

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 05

トップの塗装はアルダーの木目が僅かに浮き出たサンバーストです。美しや。

購入店の店員さん曰く、「デラックス・アクティブはメキシコ製なので、塗装や細部の作りが甘いんですよね」とのコトですが、オイラは天下の素人だからそんな甘さは気にしないのさ。(解らないのさ)。…と、いうワケで、おねだんは入門用ベース並みの特価ゴーキュッパ~。不要な機材を売却して賄える価格でしたとさ。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 06

バックにはアクティブ・サーキット用のバッテリーボックスが装着されています。
ココにも保護用のビニールがありますがコレは剥がしません。このまま保持です。後だから。
(『後だから』って何だよ。『後だから』って)

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 07

そして『ビニール剥がしの儀』が終了した直後のピックガード。ツヤツヤです。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 08

同、コントロール部。ピカピカです。

で、もって、弾けば弾くほど白く曇っていくフレットも、購入時はキラキラです。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 09

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 10

鏡のように輝くフレットがたまりません。テンション上がりますね。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 11

ネックの仕上げもサラサラで美しス。「メヒコは微妙」とか誰が言ってんだ?

・・・と、思っていたら。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 12

なかなかビミョ~な箇所を発見。

ブリッジの駒の成型がちと大雑把なよーな。いや、部材を作っているのはUSAだっけか?
まあ、演奏にも音にも影響ナッシングだからイイかな。見えないことにしておこう。

Fender Deluxe Active Jazz Bass Upgrade 13

最後の画像は、所有者の実感を煽るオーナーズ・マニュアル!

「これでオイラもフェンダリスト(?)だッ!」…という喜びと共に、“ジャズベ使い”に相応しいスキルを身に着ける義務を認識させられるアイテムです。ある意味なかなか重いです。(ゴキュッパ~だけど)

-------------------------------------

そんなこんなで、最後までお読みくださった方、お疲れ様でした。
777件目のエントリーを楽しんでいただけましたか?

これからも細々と、チラ裏なトピックでブログを続けてまいろうかと思います。ご支援いただいている皆様、誠にありがとうございます!今後ともどうぞ宜しく御願い申し上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「888件までやれば?」というありがたい皆様、
最後にいつもの応援クリック御願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪
すごいですね~!
さすがです! どうりで音楽に詳しいと思ってました!
楽器を弾かれる方って 耳がいいのですよね~
素人は ただただ聴くだけですが 楽器を弾かれる方って 微妙な音もキャッチしますものね
ところで 音は聴けませんでした~
To Jeniferさん
Jeniferさん、コンバンハ。
ようこそおいでくださいました!

私もですね、音楽は聴いて楽しむ側ですよ。
楽器は楽しいですが、へっぽこなアマチュアですからw

ちなみに先程、音源を再アップいたしました。
今回は、楽曲そのものよりも“ジャズベの音”がメインです。
ベースの音がでかいです。オケは波打ってます。
酔っぱらうかもしれないので聴かれるならお気を付けて。

ゆらゆらゆら~。
祝777♪
大フィーバーでございます。確変大当たり♪♪

マイコー様を独占。いいなぁいいなぁ。
お洒落~格好いい!!
私も『Billie Jean's All Stars』はチェックしておりました。
この出来は、素晴らしいと
マーカスミラー氏もぶっとんでおられるはずオオーw(*゚o゚*)w

この曲好きでした。PVがエジプトっぽい感じでしたっけ。
確か、エディマーフィーと米のバスケットの選手も出演されていた記憶が。
really nice tone!!!!!!!!!!!
To LLganzoさん
LLganzoさん、ご祝辞ありがとうございます!
ようこそおいでくださいました♪

ハイ、それですそれです。そのPVです。
エディー・マーフィー演ずる王様のお妃さまを誘惑して、
さらに唇を奪って逃げるというヤツですね。(犯罪か)

バスケ選手はマイケル・ジョーダンのことでしょうか?
もしそうなら、同じアルバムの楽曲"JAM"のPV
で共演してますね。

今回は久々にベースをぶりぶり弾いたので指の皮が
厚くなりました。薄くならないうちにもう一曲作りたいと
思っておりますので、今後とも宜しく御願いします~。
To rinaさん
rinaさん、いらっしゃいませ。
毎度ご来訪ありがとうございます!

良いトーンでございましょう??こういう音をいわゆる
ヴィンテージ・トーンと言うのでしょうか。

この音はですね、やはりジャズベじゃないと出せない音
なんですよね。モダンなベースも良いですけど、ジャズ
ベの音はやはりスタンダードなんだと感じます。

ホメられついでにもう一曲作っちゃおうかな?
演奏、楽しませていただきました。
「祝!777!!」おめでとうございます!
そして「祝! おニュー楽器!!」おめでとうございます!

フェンダリストは素晴らしい。
でも、サッカーファンとしてはフェンダリスタとしてはいかがでしょうか?
なんとなく・・・。

あひる
To あひるさん
あひる先輩、こんばんは。
ご祝辞いただきましてありがとうございます!
無事777件目の記事をUPすることができました♪

おニューの楽器は、(お値段の割に)ツボストレートなサウンドで
大変満足しております。
細かいニュアンスをシッカリ拾ってくれるブツですので、ハンパな
弾き方をしているとマトモに音に出てしまいますが、そのぶん、
弾き込めば腕も上がりそうな気がします。

・・・なるほど、“フェンダリスタ”。
往年のバッジオを思い出しました。

私はまだまだ・・・w がんばらねば。
ヤセさんマルチプレイヤーぶり全開ですね!
スラップできないのでウラヤマシイ。

やっぱりフェンダーは美しいな~。
ストラト4本とショーマスター1本があったのですが
ばかな私はすべて手放してしまいましたorz
To Jちくりんさん
Jちくりんさん、おいでませ。
コメントありがとうございます♪

いや~買っちゃいましたよ。フェンダーを。
本来なら『最初の一本』になるべきモデルを、6本目にして
入手することになりました。ついにジャズベ・デビューです。

それにしても・・・ショーマスターとは恐れ入りました。
その品物は現在廃版のフェンダーCS製特別モデルでは?
放出してしまったのですか?むむむ。
私も手放した楽器がいくつかありますが、全部後悔してます。
音の好みとか、モノの良し悪しとは関係なく、「自分の歴史の
一部を捨てるんじゃなかった~」みたいな(苦笑)。

あ。呪われたジャズベは返却して正解でしたけどね。
こんにちは。

あ、これは訂正しとかなきゃです。
ショーマスターはCS製どころか正反対。
一応USA製ではありますがハイウェイ1というローエンドのシリーズがありまして、
それにショーマスターがあったんですよ。
当時のカタログには写真も載ってないのです。

私のブログで恐縮ですがこんなのです↓
http://jchikurin.blog95.fc2.com/blog-entry-182.html
To Jちくりんさん
Jちくりんさん、まいどです。

記事拝読いたしました!
こういうモデルもあったんですね~。知りませんでした。
ロック・ギタリスト達の視線を浴びそうなUSA仕様!!
『いきなりEMG換装』もコダワリの仕様でしょうか。

私もジャズベを購入しようと思い立った時に、候補として
USA製のアメデラが上がりました(20万超えで撃沈)。
コダワると高く付きますよね。楽器は。

というワケで、安価なメヒコに落ち着きましたですw
Wow♪
ヤセさんはジャズベ買うだろうなとは思ってましたが、
まさかパッシブじゃなくてアクティブ・タイプとは!?

それにしても相変わらず素晴らしいDTMテイクを発表されますが、
特に昭和のチョッパー世代wな自分には、
今回は将にLouis Johnsonを彷彿させるFunkyなベースプレイに、
『壇蜜』嬢を見た時と同じくらい興奮してしまいましたwww

(。亝ω亝)​ 「ハァハァしてる?」

さて結局『職業はエッチなお兄さん』ことヤセさんwは、
以前話題にしたプレテクのジャズベは購入されなかった様ですので、
代わりに俺が買おうかな?(嘘ww
To kickさん
kickさん、いらっしゃいまし。
ようこそお越しくださいました♪

結局、その情欲…ではない物欲に負けて、壇蜜ジャズベを
購入しちゃいましたよw

数多くの楽器屋さんをハシゴしつつ、その壇蜜嬢や、清楚な
吉瀬みっちゃんや、アッハン芹那や、ピチピチのたかみなを
「これでもか」と弾き倒した上での選択です。(たかみなかw)

プレテクも候補に挙がったのですが、如何せん試奏が出来
ないというのと、後輩のジャズベタイプ(非フェンダー製)が、
形はジャズベなのに全くジャズベの音がしなかったんで、
やはり「本家フェンダーを」ということになりました。

ちなみに・・・・・私の職業は『エッチなお兄さん』ではなく、
『エ ロ オ ヤ ジ』が正しいですw
じゃずべ
ヤセさん、こんにちは。

おNEWのじゃずべの音、堪能させていただきました。
DTMでこつこつ作り上げている時の、ニヤけているヤセさんの顔が思い浮かぶようで、こっちまで嬉しくなってしまいます。
楽しそうで、羨ましいです。
実はワタクシ、エントリー級の安いベースを今年中に手に入れて、ベースのリハビリを始めようと画策しております。
生きていくのがやっとの経済状況なので、実現できるかどうか不安ですが。
このところ、楽器を演奏しているブロ友さん達の活動が盛んになっていて、私も「演奏したい!」病に火が付いてしまいました。

さぁて、ワタシが音源を披露できる日は、いつになることやら・・・。
To Apolloさん
Apolloさん、いらっしゃいませ。
ようこそお越しくださいました!

そうですね。おNewの楽器を『抱えている』時はかなり
ニヤけてますね。「ついに手に入れたぜ~w」みたいな。
ただし、演奏中は、「こんなに弾けないハズはない!!」
みたいなストレスモードになるので、顔は鬼のようです。

Apolloさんもリターン組に参加ですか?楽しみですね。
安ベースだろうと、エントリーモデルであろうと、楽器を
演奏する楽しさの根本は共通だと思いますので、ぜひ
入手して演奏を公開してください!楽しみに待ってます!
アカペラに乗せたと!?
アカペラバージョンがあったとは知りませんでした!
http://youtu.be/hEnYlnUiQOs

ヤセさんの音源だけ聴くと、あとから付け足したとは誰も思わないほどの完成度じゃないですか?
相変わらず、ギタリスト顔負けのカッティングが心地よいですね~

では~。

To まるさん
まるさん、こんばんは!
いらっしゃいませ!

そうそう、ソレです。
私もようつべから音源を引っ張ってきて作りました。

音源のキーやスピードがシッカリしていると、あとは
合わせるだけなのでそれほど難しくはないのです。
今回のアカペラ音源は非常に良質でしたよ。

…自分の…サックスは…ヨレヨレですが…。
メヒコ‥ですか
こんばんわ。Weekend in のAkiです。
つい最近発見したブログなので、すこしづつ過去へさかのぼっています。
このベース、59800はすごいですね。
私も、Bassをやっていた時があり、今でもBassを無性に弾きたくなる時があります。
結局、今は2本だけ残っています。
こんな記事を読むと、思わずゲットしたくなりますね。
音もヤセガエルさんの太鼓判付なら。
(家庭平和維持のため、無理ですが(泣))
ではでは。
To Akiさん
Akiさん、こんばんは!
再度のご来訪、誠にありがとうございます♪

ハイ、音は良いです。
いわゆるジャズベの音がシッカリ出ます。

ピックアップのコイルがセンターから少しズレれていたり、
ブリッジの駒の研磨が粗かったり、フレットの際部分が
出っ張っていたり(不用意にスライドすると痛いw)、等の
アラはあるものの、総じて非常にコストパフォーマンスの
高いモデルだと思います。音が命ですからね。

家庭平和維持を念頭に、密かに購入の計画を立ててみては
いかがでしょうか?( ̄ω ̄)
ベースのセッティング教えてください。
ヤセガエルさん、はじめまして。

Fender Deluxe Active Jazz Bass で検索していたところ、こちらにたどり着きました!

音源聴かせていただきました。めちゃめちゃかっこいいですね!!
特にはじめの4弦のスライド音は、マーカスを彷彿させられます。

実は、私も同じFender Deluxe Active Jazz Bassを娘のために買い、
ついでに私もスラップの練習を始めていますが、ヤセガエルさんのようなかっこいい音になりません。
もし良かったら、どのような工夫をしているか教えていただけませんか?

よろしくお願いします。
To PPPさん
PPPさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へのご来訪、誠にありがとうございます!

父娘二代でのベース使いですか!
二人してスラップの練習とか楽しそう~♪

…いや、それはさておき、セッティングの件。

基本、ベース本体のセッティングは、ボリュームツマミMAX、それ以外の
ツマミは全て真ん中で設定しています。
私の場合、スラップで右手の強弱を自在にコントロールできるほどテクは
無いので、レコーディング時はペダル型のコンプレッサーを通した上で
ライン入力しています。

コンプは、Maxon社のBP-01というビンテージ・ペダルで、かなり深めに
セッティングしております。タイトなプルの音は、このペダルの影響が
大きいですかね。
拙ブログの本年3月31日の記事でも、このコンプを通した音を上げています
ので、よろしかったら聴いてみてくださいね。

コメントありがとうございました!
ベースのセッティング参考にさせていただきます。
ヤセガエルさん、回答ありがとうございました!

私はギターがメインなんですが、ちょうど娘がベースを始めたいということと
run for cover弾いてみたいとちょっと思ってたので、
娘には色だけ選ばせて、機種は私の好きなものを選びました。
私の方が結構弾いてるかもという状況です。

ところで、やっぱりコンプが肝なんですね。
それにトーンは全てフラットとは!NYサウンドに近づけるにはドンシャリと思っていたので、ミッドを少し絞ってました。大変参考になります。

以前、ギター用のコンプ(boss cs-2)を繋いでみたんですが、なんか違うんですよねー。
やっぱりベース用じゃないとだめかなと思っていたのですが、ヤマハのコンプはギター用なんですか!驚きです。

それとコンプ比較の記事は、先日早速聞かせていただきました。大変参考になります。
ムチの音が最高で、しびれましたよ。 いや、スラップの音の違い(特にプル)が参考になりました。
マクソンのBP-1探してみますね。

では、これからも楽しいベースのお話楽しみしています。


To PPPさん
PPPさん、再度のご来訪ありがとうございます!

"Run For Cover"!カッコイイけど難曲ですね。
私にはム~リ~。…ははは。

『ミッド絞ってドンシャリ』は間違いではないと思います。
この記事の楽曲では、ビンテージ・トーンとコンプの組み合わせで
セッティングしましたが、御大のサウンドを志向するのであれば、
ベース+1、ミドルとハイはそれぞれ-1~-2くらいに設定すると
それっぽくなります。

実は本器でマーカス・ミラーの劣化カヴァーも上げておるのですが、
それもベース+1、ミドルとハイはそれぞれ-1~-2くらいの設定です。
よろしければお聴きくださいませ。

http://boneyfrog.blog19.fc2.com/blog-entry-830.html

ご来訪ありがとうございました♪
ヤセガエルさんのDetroit 感動しました。
こんにちは、PPPです。

ヤセガエルさんのマーカスミラーの曲聞かせていただきました!
いやぁ、すごい!としか言いようがないですね。
あれくらいできれば、スラップが楽しくてしょうがないですよね。

私の「弾ける」というレベルは、ヤセガエルさんに比べたら、かなり低いレベルなのです。
でも、誰に聴かせるわけでもないので、私の場合、それでいいんです!

ただ、音色については、スラップしてて気持ちいい~!!ってなりたいので、
ちょっとはこだわりたいところですね。
そうは言ってもマーカスのように機材いっぱい買えませんから、知れていますが。。

同じベースを使って、あれだけ気持ちよい音が出せるという事が分かっただけでも
エフェクター買うぞ~!って、テンション上がってきてますよ。

フュージョン、ソウルなど好きな音楽がヤセガエルさんと似ている(年も大体同じっぽい)ので、私は20年ほどバンドもやっていませんが、ヤセガエルさんに刺激を受けて少し頑張ってみようと思います!
ちなみに、昔spellboundという名のアマバンドをやっていました。もちろん、ジョーサンプルのアルバムからのネームミングです。

いろいろ教えていただき、ありがとうございました。
To PPPさん
PPPさん、いらっしゃいませ!

「エフェクター買うぞ~!」って、娘さんのベースのはずが、
ほぼお父さんのベースに…(笑)。
教え合いっこしながら父娘で楽しめればオーライですかね。

それにしても、spellboundというバンド名を付けるあたり、
かなり“通”な志向のバンドをおやりになっていたと推察いた
します。フュージョン系の鬼テクバンドですかね??
最近私も、ジョー・サンプルさんや、往年のフュージョン系
作品を聴きなおしています。そのうちレビュー上げますね♪

今後とも宜しく御願い申し上げます!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 11 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。