■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪WAYMAN TISDALE / REBOUND♪

rbnd00.jpg

【生まれ変われ・・・!】

アルバムのタイトル・チューンとなる一曲目、"Rebound"が始まって27秒後、女性が祈りを込めた声で力強く囁きます。

「生まれ変われ・・・!」

さらに、その一分後、「あなたも、生まれ変わることが、できる・・・」。

---------------------

2008年。楽曲の中に挿入された、その少しく奇異なメッセージは、後に判明する衝撃的な事実を知らされることによって、私たちの胸へより深く突き刺さることになりました。
すなわち、ティズが骨ガンに侵されている事実と、その治療として右脚を切除したこと。そして、それから僅か一年後に天に召されてしまうことになる彼の、願いや、決意を知って。

なぜですかね。毎年、春になると、しきりに想い出されるんですよね。彼のことが。



ティズの遺作となったこの"REBOUND"は、彼のFunk 'n' Smoothなベースプレイの総決算とも言える入魂の作品となっています。

に挙げたReboundを始め、当時ブレイク真っ最中のダレン・ラン(T.Sax)がフィーチュアされたThrowin' It Down、同じくダレンがペンを執ったOne On One(バッキング・ベースのメル・ブラウンもグッドジョブ!)、ティズのメロディアスなピッコロベースが大フィーチュアされたラブソングIn Love、カントリー界のスター、トビー・キースの苦み走ったボーカルが印象的なNever, Never Give Ya Up、無骨で優しく爽やかな『これぞティズ・トーン!』と呼びたくなるベースプレイが満載されたI Hope You Feel It Too、レーヴェルメイトでもある名脇役・ブライアン・シンプソンが優雅なピアノで主役をサポートするI'll Do The Driving、マーヴィン・サップのソウルフルな歌が胸に押し寄せてくる最終トラックGrateful、それら全てが、ティズの魂から発せられる光に満ちています。

・・・・・・・・・・

「あなたも、生まれ変わることが、できる」。

信じたいですね。ティズがまた、どこかで音楽と出会い、ベースと出会い、バスケットボールと出会って、私たちの前に現れてくれることを。信じたいです。

rbnd01.jpg 

★★★★★★★★★★★★★★★

WAYMAN TISDALE
/ REBOUND(2008)


01.REBOUND(feat.Dave Koz)
02.THROWIN' IT DOWN
     (feat.Darren Rahn)
03.FRONT RUNNA
04.ONE ON ONE
05.IN LOVE
06.NEVER, NEVER GONNA GIVE YA UP
    (feat.Toby Keith)
07.I HOPE YOU FEEL IT TOO
08.WATCH ME PLAY AGAIN
    (feat.Robert Wilson from The Gap Band)
09.I'LL DO THE DRIVING
    (feat.Brian Simpson)
10.COMIN' HOME
11.THE TURNAROUND
12.GREATFUL
    (feat.Marvin Sapp)




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
曲の冒頭の日本語がどなたによるものか、
ご存じの方がいらっしゃったら、
コメと叱咤激励のワンクリックくださいな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
デビュー・アルバム
ヤセさん、こんばんは。

Waymanは、95年のデビュー作だけは買いました。
彼がバスケのスターだったことなど全く知らなかった私は、当然Marcusが参加しているベース・プレイヤーのアルバムだという理由だけで衝動買いしたのでした。
当時は、結構ヘヴィー・ローテーションでした。

彼が壮絶な闘病の末に亡くなったことを知った時は、かなりの衝撃でした。
ご紹介の曲も、初めて聴きましたがイイですねー。

遡って、聴いてみようと思います。
To Apolloさん
Apolloさん、コンバンハ!
ようこそお越しくださいました!

私も最初はApolloさんと同様、彼の素性を知らないまま
彼の音楽を聴いていました。

バスケットのオリンピック金メダリストだと知ってビックリ。
右利き用のベースをひっくり返して弾いていると知って
二度ビックリ。そして、あっという間に逝ってしまって三度
ビックリ。そう、彼はビックリとJoyfulをくれるヒトでした。

力強くファンキーなトーンは、デビュー作のリリース当時
から最後まで変わりませんでしたね。私も再聴しよう。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。