■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪MARCUS MILLER / RENAISSANCE♪

rnssnc00.jpg

【逃げてちゃダメだ】

そう、「逃げてちゃダメだ」、です。
どこぞのアニメのセリフではありません。ワタクシ自身のことです。

エレキベースというモノに初めて触れてから早や32年。途中20年間の休眠期はあったものの、「あなたの特技は?」と問われれば、「楽器(ベース)です」と答えてきた私・ヤセガエル。アマチュアのへっぽこな腕前とはいえ、それなりの自己満足は得てきたつもりでしたし、楽器を嗜む人間として、多くのアーティストや多くのアルバムを片っ端からつまみ食いしては、一般ピーポーの方々に偉そうな講釈を垂れてきたものでした。(このブログがソレです、うん)

ところがその中で、全く手を出さなかった、と申しましょうか、意図的に聴く事を避けてきたアーティストたちが存在したのです。

すなわち、ジャコ・パストリアス、ロン・カーター、スタンリー・クラーク。
さらに、ラリー・グラハム、タル・ウィルケンフェルド、エスペランサ・スポルディング。
そして、ヴィクター・ウッテンに、リチャード・ボナに、ルイス・ジョンソンに・・・・・

・・・つまりアレです。

ソロ・ベーシストとしてメシを食っておられるグレイトな方達のソレ。
『ベーシストのアルバム』を、私はずーーーーっと避けてきたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・だってさぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・。








ホレボレするほどカッコイイことが聴かなくてもすでに判っているのにどんなにガンバッても絶対にソレを弾けやしないという事実を突き付けられて喜ぶような性癖を私は持っていないものですから避けて通るという選択をせざるを得ない自分が可哀想だと思うのです音楽の神様はなんてイヂワルなんでしょう。







・・・・・・・・・・・・・・・・・。

つまりは逃げです、逃げ。

ずーーーーっと、彼らの音楽から、私は逃げてきたんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ところが・・・。




私は偶然、逃げるどころか、吸い寄せられるようにその曲に出会ってしまったのです。

↓↓↓↓↓




ベース・レジェンドの随一、御大マーカス・ミラー氏の"I'll Be There"

これを聴いて私は泣いてしまいました。

-------------------------------------

調べていくと、この"I'll Be There"が収録されたアルバム"Renaissance"は、震災に見舞われた我が日本と、その被災者たちへの応援メッセージが込められた作品である、と。
震災から僅か2ヶ月でチャリティ・コンサートを開き、多くのミュージッシャン達に向けて日本への支援を彼は呼びかけてくれたのだ、と。



“誕生を見つめよう 再生を 復興を”
“音楽には私たちを導く道がある 復興への道が”




そのジャケットに記されたメッセージが、私たちに向けられていることは疑いもない。これは括目して聴くべきであろうと。(?ヘンな日本語か?)

そう、

逃げてちゃダメだ、と。





そんなワケで、ワタクシ、ついにベーシストのアルバムを購入してしまいました。
レビューは・・・・次回のエントリーで自作音源と代えさせていただきます。



-----------------------------------------------


マーカスさん江。
やっぱ超カッコイイです。
貴方のベースを今コピっています。
左右の指が血だらけです。

ドモアリガト。

rnssnc01.jpg



★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


MARCUS MILLER
/ RENAISSANCE(2012)


01.Detroit
02.Redemption
03.February
04.Slippin' Into Darkness
05.Setembro(Brazilian Wedding Song)
06.Jekyll & Hyde
07.Interlude: Nocturnal Mist
08.Revelation
09.Mr.Clean
10.Gorée(Go-ray)
11.CEE-TEE-EYE
12.Tightrope
13.
I'll Be There




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
血だらけで弾くぞ"Detroit"
マーカスさんの偉大さに目覚めたワタクシへの
叱咤激励はコチラから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン 
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
マーカスミラーというと、超絶技巧ラインを思い浮かべて
しまいますが、こんなしみじみとするソロがあるのですね。
(いや、これも十分超絶技巧ですが(笑))

私も今はギター中心ですが、というよりギターを弾く時間位
しかありませんが、ベースはもしかすると一番好きかも。
この週末にベースを出そうと思って出せませんでしたが、
私のブログで、そのうちMy Baseのことを書いてみるつもりです。

ヤセガエル様のベース作品(ソロ?)期待しています。
To AKIさん
AKIさん、コンバンハ!
ようこそお越し下さいました♪

AKIさんはベースも所有されてたんですね。お仲間だ♪
私も安ギターを何本か所有しておりまして、今回の録音
にも登場する予定です。

選んだ楽曲は本アルバムの一曲目、"Detroit"です。
ナゼそれを選んだかというと、私のイメージするところの
『これぞマーカス・サウンド!』というカッコ良さがありつつ、
さらに、そのアルバムで一番難易度が低いからです(笑)。
(血だらけですが)

来週には晒し上げ予定ですので、UPされたらご批評宜しく
御願いしますね!
スタンリー・クラークやマーカス・ミラーは20代のころよく聞いていました。

本文とは関係ないのですがちょっと思い出したことがあったので書き込みます。
札幌に黒人バンドの入ったディスコがありました(聞くと今もあるらしい)。
バブルのころ週末は友人たちとよくそこで飲んでいたんです。

バンドの演奏が終わって、メンバーがステージから降りてくるとき偶然黒人ベーシストと目があいました。
とっさにわたしは、なにを思ったか
「アー・ユー・マーカス・ミラー」と思いっきりカタカナ英語が口から出ました。
そのベーシストは
「ノー! アイム・スタンリー・クラーク」といって笑っていました。
英語がうまいな!と思いました。

あひる
To あひるさん
わはははは!
いや、失礼いたしました。いらっしゃいませ!

あひる先輩、カタカナ英語が通じましたね。
そうですか、クラーク氏だったと(笑)。

クラーク氏も、マーカス・ミラー氏に勝るとも劣らない
変態ベーシストですね。
2~3年くらい前に、そのクラーク氏、マーカスさんに、
『超』の付く変態ベーシスト、ヴィクター・ウッテン氏が
加わってユニット組んでました。SMVという名の。

ちょっとだけ聴きましたが…

…ド変態でした…。

演奏者として上を目指さなくてよかったと思いました。
とうとう来ましたね!マーカス様。
ヤセガエル様のベースさばき、しかと拝聴させて頂きます。
楽しみにお待ち申し上げます。

でも、オドロキ。
マーカス様をあまりお聴きにならなかったとわ。
しかも、弾いてると流血するんですか~~!!

ワタクシも、ヤセガエル様の演奏にあまりの興奮で鼻血でちゃうかも。
To LLganzoさん
LLganzoさん、いらっしゃいまし。
ご来訪、誠にありがとうございます♪

そうです。流血です。
右手の親指・人差し指、左手の親指等々。
その理由は次回の記事に詳述しますが、
液体絆創膏が大活躍の今日この頃です。

一応、今年の目標に、『逃げない!』を
掲げておりますので、これまで逃げていた
ベースの巨匠のプレイを研究しております。
ムズカシくて楽しい、そんなカンジですね。

週末には音源を上げられるかな?
気長にお待ちくださいませ!
こんばんわ  初コメになります。

この曲を聴いて、ベースはリード楽器にもなる素晴らしい楽器だと あらためて思いました。
他の楽器にはないベースのみが持つ魅力 聴くほどに深いな と感じます。
To ももPAPAさん
ももPAPAさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へようこそお越し下さいました。

そうなんです。
『名手』と呼ばれているヒト達の手にかかれば、普段は奥に
引っ込んでいるベースも立派なリード楽器になれるんですね。
私ごときには、ちと次元の違うプレイですけど…。

本文にございます通り、私は今までベーシストのアルバムは
避けておりましたが、これからは聴いて、研究して、楽しもうと
考えております。

ももPAPAさんは、音楽にも造詣の深い方とお見受けしており
ますので、今後とも宜しくご指導ください。
ご来訪ありがとうございました!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。