■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪JEFF LORBER / Philly Style♪

ps00.jpg

【ローバー・スタイル!】

それは、ポップ・インストゥルメンタルの完成形、すなわちスムースジャズです。

グローヴァー・ワシントンJr.がスムースジャズを創生した『父』ならば、さしずめローバーさんはスムースジャズを完成させた『具現者』。彼が自ら耕した音楽フィールドや、またはそこから巣立ったアーティストたち(デイヴ・コーズさんなど)が、コンテンポラリージャズの新たなトビラを開けた時、その素晴らしい音楽が『スムースジャズ』として私たちの前に具現化されたのです。

本作"Philly Style"がドロップされた2003年は、まさしくスムースジャズが大輪の花を咲かせ、コンテンポラリージャズの主役として認知された年。ローバーさんがグローヴァーさんのバトンをシッカリと受け継ぎ、その美しく、涼やかで、技巧に富んだ、洗練されたローバー・スタイルを、『これぞスムースジャズ』として印象付けた年でもありました。



再生ボタン、押しました?

お聴きいただいているのは、本アルバムのトラック②に配置された楽曲"Gigabyte"
もう一度言いますが、美しく、涼やかで、技巧に富み、洗練された楽曲でございましょう?

実はスムースジャズとは、おっそろしく制約の激しい音楽形態なのです。
ちゃんとした歌メロ(主旋律)が無いとダメなんです。そして耳からス~ッと入って来ないとダメなんです。脳内で『残り過ぎ』てはダメ。テクニカルでないと当然ダメ。だからといって長ったらしいソロは御法度。演奏時間が5分を超過するのも好ましくないし、アンサンブルに意識の無い演奏などはもってのほか。そのくせ各パートは個性的に演奏してなきゃツマラナイ。
そして…聴いている時と聴き終わった時、気持ち良くなっていないとダメ!というガッチガチのスタイルは、実はこのローバー・スタイルそのものだったりします。

に挙げた楽曲も、まんま『ローバー・スタイル』。そして、まんま『スムースジャズ』。本作"Philly Style"には、この『ローバー・スタイル』が圧倒的な完成度で確立されており、そのサウンドの上質さ、洗練度は、現時点(2014年)から俯瞰しても、最高峰に位置していたと断言できますね。

ps01.jpg

上に挙げた楽曲以外にも、主役のピアノと多くの鍵盤楽器が破綻無く溶け合うオープニング・ナンバーUnder Wraps、抑えの効いたホーンセクションがカンペキなオケを構築するPhilly Style、アレックス・アルのバンピーなベースがローバーさんのファンキー・サイドを鮮やかに映し出すStep On It、ゲイリー・ミークのスペイシーなソプラノサックスが官能的なWhen She Smilesなど、ローバーさんの強烈なサウンドへのコダワリと、余裕綽綽たる具現者の遊びゴコロが発揮された快作・傑作です。

最近では、ローバーさんの初期のプロジェクトである、“ジェフ・ローバー・フュージョン”の活動が専らとなった感がありますが、個人的には、『スムースジャズの具現者』たるローバーさんの面目が躍如していたこの時期のコンセプトで、新作を発表してほしいものです。


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


JEFF LORBER
/ Philly Style(2003)


01.Under Wraps
02.Gigabyte
03.Regardless Of
04.Philly Style
05.Soul Food
06.Laissez Faire
07.Steo On It
08.Uncle Darrow's
09.When She Smiles
10.Serpentine Lane




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
なんだか今日はマジメな音楽ブロガ~の気分。
でも、こんなスタイル長くは続きませんので悪しからず。
そんなワタシでも応援くださる方はクリックおながい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
はじめまして、悪鬼といいます^_^

突然のコメントですみません。
失礼なかわら、宣伝になってしまうのですが、宜しくお願いします。

現在、仙台を拠点に、音楽活動をしていて、HPを運営しています。

HPでは、"毎日更新の音楽紹介日記"や、オリジナル曲、演奏動画のUPをしております。

良い音楽を求めて活動しています。
遊びに来てもらえたら、嬉しいです。
http://dhbjnlmzcczmgul.blog.fc2.com/


宜しくお願いします。
では、失礼します。
To 悪鬼さん
悪鬼さん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へご来訪いただきまして
誠にありがとうございます。

“悪鬼”というお名前と、ご丁寧な文章のギャップに
驚きつつも、久々の新規ご来訪者様のコメントに
私・ヤセガエル、たいそう喜んでおります。

音楽活動をされていらっしゃるのですね。素晴らしい。
お名前から想像するにロック系でしょうか。
拙ブログはロック系の記事はほとんど無いのですが、
また遊びに来てくださいね!
確かにスムジャ全盛期の作品ですね
今晩は!最近スムジャに勢いがなくて落ち込み気味の五郎兵衛です。

確かにこの頃は勢いありましたね。ポール・ブラウンおじさんとこの方は八面六臂の活躍であったはずです。この頃の曲はオリジナリティがあって「気合い」もは行っていたように案じます。最近のスムジャは「焼き直し」が多くなってきているように感じられ、ますます、ロバート・グラスパーと彼のフォロワー達が席巻しそうです。ローバーさんにはもっと頑張ってもらわなくっちゃ!
To 五郎兵衛さん
五郎兵衛さん、こんばんは~♪
ようこそいらっしゃいました!

私も、五郎兵衛さんと同じく、スムースジャズ勢の
元気の無さには意気消沈しております。
去年・一昨年あたりは良作が目白押しだったのに、
今年はまさしく“祭りの後”状態。どうしたものか…。

五郎兵衛さんイチオシのグラスパーさんは試聴程度
ですが、今後の動きに注目しております。
ジャズのネクスト・ジェネレーションでしょうかね。
新興の彼らに負けないよう、ローバーさんやブラウン
さんらベテラン勢、ブライアン王子、ダレン君などの
中堅どころの奮起に期待しております。
やせさん、
だいぶご無沙汰してました、しばです。
やせさんのスムースジャズに関する制約の説明、素晴らしいです。
Jeff Lorber、いいですよね。
Kevyn LettauのLanguage of Flowersのプロデュースも彼でした。
現在Jeffは、Tarje LieというサックスプレーヤーのアルバムのレコーディングにJimmy Haslipと一緒に参加していて、私はそれが出来上がるのを楽しみにしています。
To しばさん
しばさん、こんばんは。
ようこそお越しくださいました!

そういえば、レトーさんとも浅からぬ繋がりが
ありましたね、ローバーさん。
私のお気に入り作品の、"Little Things"にも
プロデューサーとして参加していたような。

ローバーさんとハスリップさんのコンビは、JLF
のそれですが、きっとまたテクニカルな楽曲が
出来るんでしょうね。リズム隊泣かせの(笑)。
Tarje Lie…ですか。要チェックだ。
やせさん、
失礼しました。Tarjeじゃなくて、Terjeでした。
彼のホームページで、サンプル聴けます。
http://terjelie.com/

しば
To しばさん
どもども、しばさん、いらっしゃいませ!

サンプル聴きました。
①③は、もォ、誰が聴いてもローバーさんの
楽曲ですね。跳ねまくるベースラインといい、
バッキングのエレピといい、JLFのエッセンスが
イッパイ。心地良いです。

そして、このTerjeさんのサクソフォン。
この方の空気感というか、タイム感は非常に
個性的ですね。枯れたトーンも魅力的です。
もっかい聴いてみよー。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。