■BoneyFrog Blog■

 

 

♪LEE RITENOUR / Rhythm Sessions♪

rtnssns00.jpg

【ド直球のリット・ワールド!】

カリスマ・シェフが、最高の素材を揃え、最高の腕を振るい、自らも「ウ~ム、ウマし…♪」と言いながら創作したお料理のようです。リー・リトナーさんの"Rhythm Sessions"
彼が足跡を残し、吸収してきた様々な音楽、すなわちジャズ、コンテンポラリー・ジャズ、フュージョン、ブラジリアン・ミュージック、スムースジャズといった多くのジャンルの旨味とセオリーが濃縮されており、リーさんの洗練かつ円熟の極みに達したギタープレイを、それはもォ「お腹いっぱい!」楽しめる快作となっています。

…と、大プッシュするのは他でもない。

なにせ前作はと言えば、リーさん名義の作品でありながら、本人以外の参加ギタリストが総勢20名。ベンソンさんやジョンスコさんはまァ良いとしても、畑違いのスティーブ・ルカサーやニール・ショーン、変態パコパコギター奏者のアンディー・マッキーさんや、モノマネの対象としてはギターリスト随一の布袋寅泰氏までもが登場する闇鍋アルバム。主役であるリーさんを探すのに、何故か神経戦を強いられる“迷作”でしたからね。本作のストレートさも際立つというものです。(ウォーリーをさがせ! 大人用コスチューム (S/M)



再生していただいてますかね?

故ジョージ・デューク氏が奏でるモーグと、リーさん爪弾くL-5の静かなる掛け合いが印象的なオープニングナンバー、"The Village"です。熱量豊富なアコースティックベースを操るのはスタンリー・クラーク。要となるリズム・セクションにはデイヴ・ウェックルとマニャンゴ・ジャクソンという技巧派の布陣。三連符の持つ、“漂流する歩行感覚”とでも申しましょうか、二つの異なるグルーヴが融け合う感覚が心地よい楽曲ですよね。

いや、実はそのグルーヴ、というかリズム。
本作のキーワードはどうやらソレです。

アルバムの楽曲毎に見てみると、その三連符の他に、4/4拍子、5/8拍子、6/8、3/4、5+3…と、それはもう、演奏中に自分の位置をロストしそうな複雑なリズムだらけ。よせばイイのに何曲か試しに(ベースで)コピーすれば、募るのは“乗り切れない”気持ち悪さだけ。それをですね、いとも気持ち良さげに演奏するのです。リーさん達は。もちろん聴けば夢気分ですよ。
"Rhythm Sessions"とは言い得て妙なるタイトルだと思いますね。

と、いうワケで本作。前々作の"Smoke 'n' Mirrors"がツボだった方を始め、ベンソンさんやジョンスコさんは単体で聴きたいという方、ホテイさんは単体でも聴きたくないという諸兄にパワープッシュいたします。
ちなみに日本版はボートラが3曲収録されていて、それがオマケにするには勿体ない程のクオリティだそうですので、そちらの方もチェックされたし。そっち買えば良かったかなぁ…。

rtnssns01.jpg


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


LEE RITENOUR
/ Rhythm Sessions(2012)


01.THE VILLAGE
02.RIVER MAN
03.FAT ALBERT ROTUNDA
04.800 STREETS BY FEET
05.CHILDREN'S SONG #1
06.LA BY BIKE
07.MAYBE TOMORROW
08.SPAM-BOO-LIMBO
09.JULY
10.ROSE PEDALS
11.DOLPHINS DON'T DANCE
12.PUNTA DEL SOUL




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
まだ梅雨明け前だというのにこの暑さ。
すでに夏バテメーター全開のワタクシに、
叱咤激励のクリックおながいします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
5拍子?
なぬ?5拍子の曲とはどれでしょうか?


ぜんぜん違う話ですがXLというスムーズジャズ系のバンド?プロジェクト?ってご存知でしょうか?自分のブログでちょこっと紹介したんですが、素性が分かりません・・。なぜか自分のYoutubeにアップした動画の中で再生回数多いんですよねぇ・・・
To まるさん
まるさん、おばんです♪

二曲目の"River Man"がそれです。
♪ズンタッター・ズンター、ズンタッター・ズンター♪
みたいな感じで。気持ち悪くて気持ち良いリズム。

XL…に関しては、ワタクシ全く知識がないです。
まるさんに教えていただいて、YouTubeに上がっていた
5拍子でない"Take Five"を聴いたのが初めてですね。
色々とググってみたもののヒット無し。スムースジャズの
コンピに入っているものが唯一のメジャー作品なのかな?

何か分かりましたらお知らせしますね!
ズンタッター・ズンター
River Man、なるほど5拍子。なんと歌入り。バリバリフュージョンっぽいのを想像してたのでちょっと驚きでした。


XLのテイクファイブ、再生回数2万7千回ぐらいあってアクセスは北米が主です。一時、ぐんぐん再生回数が伸びてて「なんだろーこの曲?」と思ってました。
ダンサブルでいーですよねー。

ではでは・・
To まるさん
まるさん、再度の御来訪、いらせられませ。

このアルバムは『バリバリフュージョン』な曲は
入ってません。所謂コンテンポラリージャズという
立ち位置でしょうかね。二つ前のアルバム作品、
"Smoke 'n' Mirrors"に近いです。

まるさんご紹介の"Take Five"は、原曲の主題を
根こそぎ覆した大胆なアレンジですね。
こういうのもアリなんだ~とか思いました。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 07 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.