■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪萌えソング from 80s♪

snstbch.jpg

桜の花びらがアスファルトの上に桃色の絨毯を広げる卯月。冬枯れの木々に新緑が萌え、同時にココロもカラダも萌え立つ季節だから、引っ張り出してきましたよ"萌えソング"。

ハイ、本日の特集は黄金期の80s AOR。「2015年は第3次AORブームが来る!!」と、全く根拠の無い予測を立てている私・ヤセガエルの選んだ5曲をアナタにも。

★★★★★★★★★★

DICK ST. NICKLAUS / Bye Bye Baby
ディック・セント・ニクラウスと言えば、’70年代末期、日本全国のディスコでヘビロテだった"Magic"が有名ですが、個人的なフェイバリットはコチラ、"Bye Bye Baby"。当時のPOPS界を席巻していたマイク(マクドナルド)節を取り入れたメロディが素敵~。



BILLY KATT / One Night
ある時はサーファー、またある時は教師でスーパーヒーロー(胸に『中』)。そしてアクターであり、シンガー・ソングライターのビリー(ウイリアム)・カットさんです。様々な顔を持つカットさんの歌は、それはもォ、ド直球のAOR。隠れた名曲お聴きあれ。



RUPERT HOLMES / Him
恋人の部屋にある灰皿に、知らないブランドのタバコを発見した男の心情を歌った名曲です。「ここに居たのは誰?君の心を奪った男は誰??」。心情的には、一人暮らしのカノジョの家の『トイレの便座が上がってた』のと同じ状況だけど、歌になれば美しいというコトで。



ROBBIE DUPREE / Free Fallin'
前述の『マイク(マクドナルド)節』を、おおっぴらにパクった元祖はこの方だったような。ロビー・デュプリーさん。とは言え、この方のメロディ感覚やハイトーン・ヴォイスはとても魅力的でしたね。今回のピックアップは、あえてマイナーな"Free Fallin'"で。



DEBARGE / Who's Holding Donna Now
AOR系の重要人物、ランディ・グッドラムがペンを執り、ブラック・コンテポラリーの新鋭、デバージが世に送り出した傑作。エルのクリスタル・ヴォイスが胸を打ちますね~。後年、デヴィッド・フォスターがインストでカヴァーしてますが、それもジ~ンです。



---------------

と、いうワケで本日のピックアップはいかがでしたか?萌えました?
次回は(たぶん)アルバムレビューで。ではでは。

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
以下のボタンをクリックすると、
管理人が一方的に喜びます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
へーーー!
へーーー!とヤセさんの記事で感心したのではないのですが・・・。
Bye bye baby、確かにWhat a fool beliveそっくり〜、と思い発表年を調べたらドゥービーより前にケニーロギンスがレコード出してたと知りました。へーーー!

ちなみにYoutubeで聴いたら、かなり別ものとなっていてなんじゃこりゃ。でした。
To まるさん
『1へー』ゲットだ。ありがとさんです。
まるさんコンバンハ♪

"What a fool~"が、マイクとケニーの共作なのは知ってましたが、
ケニーさんが先に?

まるさんがYouTubeでご覧になったのは、もしかして、レッドウッドの
ライブでしょうか。コード進行もメロ自体も変わってますよね。
アレはアレで好きです。原曲のアレンジが神ですから賛否が分かれる
でしょうけど。

それにしても、あの頃のAOR組は皆どうしてるんですかねー。
ニクラウスさんの名前も聞かないしなー。
RE:
自分が聴いたケニーロギンスバージョンはたぶんレコード版
https://www.youtube.com/watch?v=X1gench3J3g
収録アルバム「Nightwatch」が1978年7月リリースだそうです。

ドゥービーの方が1978年12月リリースでした。
まぁケニーロギンスが先・・というほどでもなく、ほぼ同時期といった方がいいかもですね。


Redwoodsの方も聴いてみました。これはさらに別物・・。ドゥービーバージョンの印象が強くて他のはどれも違和感を感じてしまいますね~。
To まるさん
まるさん、ドモドモ。

リンク先のケニーVer.聴きました。
ドゥービーズVer.がどうのではなく、フツーにNGでした(苦笑)。
アレンジって大事だなーと思いましたね。

マイクとケニーの過去の共作はどれも名曲揃いで、それぞれの
ソロアルバムに同一楽曲の別バージョンを収録していますが、
"What a ~"は完全にマイクVer.の勝ちですね。ドゥービーズの
バッキングも秀逸ですし。

ちなみに、過去の共作、"No Lookin' Back"や"I Gotta Try"は、
ケニーVer.に軍配を上げちゃいます。ケニーさんも負けてはいない
というコトで。
ヤセさん、おばんです
DICK ST. NICKLAUS / Bye Bye Baby 
も懐かしいけど、なんと言っても

RUPERT HOLMES / Him です。
懐かしくて思わず反応しました。

学園祭かどこかで散々弾いたっけ。
もう何十年も弾いてませんが、もしかすると手が覚えているかも。

To AKIさん
AKIさん、こんばんは!
ようこそおいでくださいました♪

"Him"を学園祭で?センスありますねー。
私なんか、アイアン・メイデンとか、オジー・オズボーンとか、
完全な非モテ路線でしたからね。オーディエンスは男だけw

もしかしてギターだけでなく弾き語りだったとか?
歌もイイ歌ですからね。切ないメロディがなんとも。

…そうか。AKIさんはモテ系でしたか…(?)
続き(モテ系だったと言いたいけど)
この曲を一番よく演奏したのは、女子大のバンドにヘルプで入っていた時。
(それもベースで。)
紅一点のボーカルはなかなか上手かった。

その頃は、歌詞なんて読んだことが無かったけど、
今回、ある訳詞ブログでじっくり歌詞を読んだら、
女性が「Him,Him,Him,,,」と歌うのは、まったく間が抜けていることに
初めて気がつきました。(笑)

私はもちろん、観客もボーカルの女の子も歌詞の意味わかっていたのかな?
To AKIさん
ますます興味深いです。(゜ω゜)

女子大のバンドのヘルプに(男子の)AKIさんが居て、
そのバンドは女子が一人(紅一点)で、さらに"Him"。
歌の世界はノーマルだけど、AKIさんのバンドでは
かなりの変態ワールドが広がってますね。そういうの
キライじゃないです(笑)。

女子大のヘルプ…イイなァ。( ̄ω ̄)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。