■BoneyFrog Blog■

 

 

♪NELSON RANGELL / far away day♪

fad.jpg

【ジャケスルー厳禁の超好盤】

本日は結論から申し上げます。傑作アルバムです。

駄曲・捨て曲いっさいナシ。手抜き・出し惜しみ全くナシ。
ネルソン・ランジェルさんのディスコグラフィー史上、いや、スムースジャズ史上に残る傑作アルバムです、本作"far away day"は。

・・・・・。

…ええ、そうですよ。
スルーしてましたよ、15年間。
「傑作だ!」と認知したのは、つい先日のコトですよ。

なぜスルーしていたかって?
そりゃ皆さん、アレです。

・・・・・。

冒頭の濃ゆいジャケを敬遠してしまったと。
いわゆるジャケスルー状態だったんですよね。(もう一回貼ってみる)。

fad.jpg

2000年当時、スムースジャズと言えば、アダルティーで洒脱な音楽の代表格。楽曲そのものは無論のこと、その楽曲を収めたアルバムジャケットのデザインにも、各アーティスト、プロデューサー、レーベルの(お洒落な)コダワリが反映されていたものが多かったのです。
実際、ジャケデザが立っている作品は、それに比例するかのごとく中身の作り込みも丁寧だったりして、特に試聴不可の新規作品の良し悪しを見極める場合、「ジャケットがキテいるか?」というのがひとつの指標になっていたんですよね。あくまで私の主観ですが。

たとえば、ほぼ同時期のサクソフォニスト作品で例を挙げてみると…

dktd.jpgegeg.jpg
bjbl.jpgrecf.jpg

ドーデスカ。このコンセプチュアルでセンスの横溢するジャケデザ。
モチロンこれら4作品はいずれも名盤認定されている傑作。作品のクオリティーがジャケットのデザインにも反映された好例ですよね。

左上から、コーズさん、ユージさん。
下段へ行ってボニーさん、リチャエリさん。

そして…翻ってネルソン・ランジェルさん(何度でも出す)。












fad.jpg


手入れを放棄したボーボボの腕毛。
スタイリストを放棄した寝巻のような衣装。
(剃り跡で)蒼く染まるファニーフェイス。
何度も撮り直したであろうぎこちないスマイル。
「オラと勝負すっか?」的な意味不明なポーズ。
『実はカッコだけ』の似非サクソフォニストが置きそうな位置へ収まっているサックス。
空いたスペースへ適当にフォントを放り込んだようなアーティスト名とアルバムタイトル。

「デザイナー出てこいや」みたいな。

上に挙げた他の4作品と比較して、店頭で後れを取ること必至なジャケデザですよね。
私の中でも必然後れを取っておりました。

この曲に出会う前までは。



アルバムのオープニングを飾るナンバー"All 'n All"です。

ドーデスカ。ネトラジで偶然聴いちゃったんです。惚れましたよ。
サンボーン直系の爆発的なトーンと、緻密でテクニカルなフレージング。とめどなく溢れ出るロマンティックなメロディ。紛れもない“ランジェル節”がそこには在るのです。ボーボボボ。
フィリップス マルチグルーミング キット

そして気付いたら購入ボタンをクリックしてました。アルバムリリースから15年後のこと。
以前、ブログ上でお付き合いのあったクワガッタンさんのレビューも効いてましたかね。
ジャケスルーは良くない、と今更ながらに反省した次第。

--------

ハイ。もう一度申し上げます。



傑作アルバムです。



地元の飲み会の翌朝に同窓生から撮られた寝起き写真のようなジャケ画に騙されてはいけません。



上に挙げた楽曲以外にも、ハードなAメロとメロディアスなブリッジが好対照なClutch、EW&Fのスタンダードとして有名なReasons、マイケル・コリーナのスムースなアレンジの中でランジェルさんのソプラノサックスが舞うThe Gathering、故ジョー・サンプル氏の代表曲のカヴァー(ランジェルさんのフルート、ピッコロ大活躍の)Rainbow Seeker、十八番の“泣き”のフレーズが存在感を主張するA Soft Place To Fall、後にスムースジャズ界のスター街道を歩むことになるダレン・ランをフィーチュアしたOne Step Closer、およびThen I Knew等々、マルチ・ウインドプレイヤーとしての本領を発揮した、駄曲・捨て曲いっさいナシ、手抜き・出し惜しみ全くナシのスムースジャス史上に残る傑作アルバムとなっております。


★★★★★★★★★★


NELSON RANGELL
/ far away day(2000)


01.All 'n All
02.Clutch
03.Reasons
04.The Gathering
05.Rainbow Seeker
06.A Soft Place To Fall
07.One Step Closer
08.Welcome Home
09.Then I Knew
10.Far Away Day
11.Like No Tomorrow




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
夏のバカンスの前に、アナタもチェック!(ムダ毛)
最後に本日もアナタの清き1クリックをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
小生も持ってます!
Good Evening! Bon Soir!
小生もこのアルバム持っております!(ダウンロード版だけど)
仰るとおり、ネルソンさんはあまりジャケにこだわりませんなあ。あ!そこはピーターさんと同じだ!イケメンの音楽なのにジャケでこのご両人は「損している」気がします。

このアルバムを聞いたときにProducerのDavid Mannがネルソンさんと共にカッコイイ音作りをしているなあと感じましたね。タイトル曲も「Yeah, it's cool!」という感じですなあ。Bメロの転調ぶりが良いっす。

ちなみに小生はただいまグラスパー氏のアルバム聴きまくっているところですので、もうちょっとしたらこのアルバムのレビューも書きたいなあ。

実は無職で全国を放浪している最中のワタクシ
与那国島の青い海を眺めながら「この鬱陶しい湿気をふっ飛ばしてくれる
爽やかな夏っぽいアルバムないかな~」なんて思い
norman brownのjust chillin'を聴いていたわけ,ですが。

イタダキマス。
To 五郎兵衛さん
五郎兵衛さん、いらっしゃいませ♪
コメありがとうございます!

…ピーターさん。
ピーター・ホワイトさんでしょうか。
“ジャケ損”ブラザーズですかね、ご両人は。

この作品のリリースされた2000年代初期は、スムースジャズの
まさに絶頂期でしたね。あれから15年ですか。早いなー。
この頃のサウンドは今でも好きですよ。キラキラしてて。

グラスパーさんの作品は何気に手を出していないワタクシですが、
そろそろいきましょうか。五郎兵衛さんの推薦だし。
To ょんさん 改め ほげさん
ょんさん改めほげさん、どうぞ召し上がれ。
極上スムースジャズの快作を。
いーやーさーさー♪与那国…何ィィィィィ!?

いや、諸国漫遊の旅とはなんと豪奢な。
私の尊敬する中田ヒデ氏のような生活なんでしょうか。

ノーマンさんのギターも悪くはないですけど、夏はやはり
サックスでしょう。それも熱血の。逆療法みたいな感じで。
青い海を見ながらゼヒ全曲聴いてくださいね!
そうですホワイトさんです
流石ヤセさん、そうですホワイトさんです。あんなにカッコイイ曲造るのにまさに「ジャケ損ネルソン&ピーター」です。二人ともクリス様とは言わないでも、ボニーさん並にナルシスティックになれば良いのになあとも思いますなあ。

ところでおいらは次回はVincent Ingalaのレビューでも書いてみようかなあ。
To 五郎兵衛さん
五郎兵衛さん、おばんです。

やはりホワイトさんでしたか。
ホワイトさん、『近所の音楽好きのおじさん』みたいな風情ですからね。
スムースジャズ界ではナンバーワンのアコギ使いなのに。
ジャケは大事だと思います。ホントに。

ちなみにインガーラ君は、最新作のジャケ画で急におっさん化したような。
前作までは少年のイメージだったのに。レビュー待ってます。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.