■BoneyFrog Blog■

 

 

♪GERALD ALBRIGHT / GROOVOLOGY♪

grvlgy02.jpg

【晩夏のグルーヴいかがでしょう】

何かで一流の人というのは、何をやっても一流のようです。

現今、コンテンポラリージャズ・シーンにおいて、最もソウルフルなサックスを聴かせるプレーヤーの一人、ジェラルド・アルブライトさん。
パワフルなブロウ。ダイナミックなフレージング。ロマンティックな“泣き”のメロディ回し。溢れ出るファンクネス。彼のアルトサックスを愛する人であれば、その魅力を語るのに一晩二晩では到底足りないでしょう。
いや、まァ当たり前ですかね。一流のサックスプレーヤーですから。聴けば聴くほど新たな発見があるなんてのも珍しからずで。



2002年リリースのアルバム"GROOVOLOGY"に収録されたファンキー・チューン、"Ain't No Stoppin'"。ドーデスカ。たまらんでしょう?このキレッキレのアルトサックス。ジェラルドさんお得意の、エキサイティングでパンチのあるフラジオ連射も組み込まれており、あまりのカッコ良さに鼻血が出そうです。ワタクシ、実は発売から13年も経った今年・2015年にこの作品を入手したワケですが、改めてジェラルドさんのクールなプレイにコーフンしちゃいましたね。

…で、ですよ。

ジェラルドさんのファンキーなサックスもさることながら、バックでグルーヴを生み出しているスラップベース。これがキモになっているな、と。ヴィンテージなトーンも楽曲の熱量を上げていて素晴らしいじゃないか、と。「ベーシストは誰さん??」と思って調べてみたワケです。そしてビックリですワ。クレジットにはなんと…

"Gerald Albright tenor saxophone, saxophone section, bass guitar"

0-446.jpg

最新作のジャケ写の意味がやっと解りました(今更)。

ジェラルドさん、一流なのはサックスだけでなく、ベースもそうだったんですね。
この作品もそうですが、私のすでに持っているアルバムでも、何曲もクールなベースプレイを披露しておられました。今頃知ったなんて情けねえ。アマチュアへっぽこべ〜シストであり、永遠の初心者サクソフォニストである私としたことが…。

そんなワケで本作(も)、ジェラルドさんのスーパーなサックスとベースを堪能できるクールな楽曲がいっぱい。夏の喧騒と秋の静寂が行き交うこの季節にもピッタリな作品となっています。
(今更ながら)私、ヤセがパワープッシュいたしますよッと。


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


GERALD ALBRIGHT
/ GROOVOLOGY(2002)


01.OLD SCHOOL JAM
02.GROOVOLOGY
03.BRING A LI'L LOVE
04.AIN'T NO STOPPIN'
05.CHANGE THE WORLD
06.I WILL ALWAYS LOVE YOU
07.THE NEXT LEVEL
08.I NEED YOU
09.DON'T HOLD BACK
10.WE FALL DOWN




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ついでに下のボタンをクリックしていただくと、
管理人が一方的に幸せになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪速報!フォープレイ新作!♪

slvr.jpg

8月4日、最新情報が届きました!

コンテンポラリージャズの最高峰グループ、FOURPLAY(フォープレイ)の新作が、2015年11月20日(amazonの予定日はナゼか9月2日??)にリリースされます!(追記:9月5日にamazonから新作到着。やはり9月2日リリースだったようです。??)

今作はグループ結成25周年の記念アルバム。タイトル名はコンセプトそのまんま"Silver"!それまでの新作リリースのサイクル(2年周期)を1年延長してまで作り込んだ、入魂の作品になること間違いナシ。しかも歴代のフォープレイのギターリスト、リー・リトナー、ラリー・カールトンが参加し、現行ギターリストのチャック・ローブさんもエキサイトしているとかしていないとか。あぁぁぁ、もォ待ち切れないィィィ!

…つーワケで、「ふぉーぷれい?ナニソレ?」な方は、の動画を観てみてね。




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
リー派、ラリー派、チャッキー派も
きっとポチっとしてくれるに違いなし。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NELSON RANGELL / far away day♪

fad.jpg

【ジャケスルー厳禁の超好盤】

本日は結論から申し上げます。傑作アルバムです。

駄曲・捨て曲いっさいナシ。手抜き・出し惜しみ全くナシ。
ネルソン・ランジェルさんのディスコグラフィー史上、いや、スムースジャズ史上に残る傑作アルバムです、本作"far away day"は。

・・・・・。

…ええ、そうですよ。
スルーしてましたよ、15年間。
「傑作だ!」と認知したのは、つい先日のコトですよ。

なぜスルーしていたかって?
そりゃ皆さん、アレです。

・・・・・。

冒頭の濃ゆいジャケを敬遠してしまったと。
いわゆるジャケスルー状態だったんですよね。(もう一回貼ってみる)。

fad.jpg

2000年当時、スムースジャズと言えば、アダルティーで洒脱な音楽の代表格。楽曲そのものは無論のこと、その楽曲を収めたアルバムジャケットのデザインにも、各アーティスト、プロデューサー、レーベルの(お洒落な)コダワリが反映されていたものが多かったのです。
実際、ジャケデザが立っている作品は、それに比例するかのごとく中身の作り込みも丁寧だったりして、特に試聴不可の新規作品の良し悪しを見極める場合、「ジャケットがキテいるか?」というのがひとつの指標になっていたんですよね。あくまで私の主観ですが。

たとえば、ほぼ同時期のサクソフォニスト作品で例を挙げてみると…

dktd.jpgegeg.jpg
bjbl.jpgrecf.jpg

ドーデスカ。このコンセプチュアルでセンスの横溢するジャケデザ。
モチロンこれら4作品はいずれも名盤認定されている傑作。作品のクオリティーがジャケットのデザインにも反映された好例ですよね。

左上から、コーズさん、ユージさん。
下段へ行ってボニーさん、リチャエリさん。

そして…翻ってネルソン・ランジェルさん(何度でも出す)。












fad.jpg


手入れを放棄したボーボボの腕毛。
スタイリストを放棄した寝巻のような衣装。
(剃り跡で)蒼く染まるファニーフェイス。
何度も撮り直したであろうぎこちないスマイル。
「オラと勝負すっか?」的な意味不明なポーズ。
『実はカッコだけ』の似非サクソフォニストが置きそうな位置へ収まっているサックス。
空いたスペースへ適当にフォントを放り込んだようなアーティスト名とアルバムタイトル。

「デザイナー出てこいや」みたいな。

上に挙げた他の4作品と比較して、店頭で後れを取ること必至なジャケデザですよね。
私の中でも必然後れを取っておりました。

この曲に出会う前までは。



アルバムのオープニングを飾るナンバー"All 'n All"です。

ドーデスカ。ネトラジで偶然聴いちゃったんです。惚れましたよ。
サンボーン直系の爆発的なトーンと、緻密でテクニカルなフレージング。とめどなく溢れ出るロマンティックなメロディ。紛れもない“ランジェル節”がそこには在るのです。ボーボボボ。
フィリップス マルチグルーミング キット

そして気付いたら購入ボタンをクリックしてました。アルバムリリースから15年後のこと。
以前、ブログ上でお付き合いのあったクワガッタンさんのレビューも効いてましたかね。
ジャケスルーは良くない、と今更ながらに反省した次第。

--------

ハイ。もう一度申し上げます。



傑作アルバムです。



地元の飲み会の翌朝に同窓生から撮られた寝起き写真のようなジャケ画に騙されてはいけません。



上に挙げた楽曲以外にも、ハードなAメロとメロディアスなブリッジが好対照なClutch、EW&Fのスタンダードとして有名なReasons、マイケル・コリーナのスムースなアレンジの中でランジェルさんのソプラノサックスが舞うThe Gathering、故ジョー・サンプル氏の代表曲のカヴァー(ランジェルさんのフルート、ピッコロ大活躍の)Rainbow Seeker、十八番の“泣き”のフレーズが存在感を主張するA Soft Place To Fall、後にスムースジャズ界のスター街道を歩むことになるダレン・ランをフィーチュアしたOne Step Closer、およびThen I Knew等々、マルチ・ウインドプレイヤーとしての本領を発揮した、駄曲・捨て曲いっさいナシ、手抜き・出し惜しみ全くナシのスムースジャス史上に残る傑作アルバムとなっております。


★★★★★★★★★★


NELSON RANGELL
/ far away day(2000)


01.All 'n All
02.Clutch
03.Reasons
04.The Gathering
05.Rainbow Seeker
06.A Soft Place To Fall
07.One Step Closer
08.Welcome Home
09.Then I Knew
10.Far Away Day
11.Like No Tomorrow




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
夏のバカンスの前に、アナタもチェック!(ムダ毛)
最後に本日もアナタの清き1クリックをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BONEY JAMES / futuresoul♪

ftsl00.jpg

【This is B.J】

「これぞボニー・ジェイムス!」という完璧な一作がドロップされました!

ボニーさんの通算15作目となるアルバム作品、"futuresoul"。モダンでクール、スムースでセクシー。「今夜は勝つ!!(絶対食う!!)」という状況下において威力を発揮する、男子必携の男前度400%UP作品となっています。まぢで。
つーか、もォ、とっとと聴いてみてみて。





ドーデスカ。この抑制の効いたテナー。饒舌でありながら決して語り過ぎないところがまたニクイ。無機的なオケの中で妖しくキラめくフレーズの数々に男も濡れてしまいそう。
【大人用おむつ】【パンツタイプ】・サルバDパンツ しっかりガード長時間

いや、それはともかく、今作の"futuresoul"。他でもないボニーさんのサックスのトーンに変化が感じられます。
アルバム全体のイメージこそ、前々作"Contact"以降のアーバン・ソウル路線を継続・踏襲していますが、その中で主役となるボニーさんのサックスの音色が、よりラウンドでウォームになり、さらに、これまでよりもフォーカスされ、音が“抜けてくる”イメージなのです。
それによって、ボニーさん“らしさ”とも言える抑えの効いたフレーズが、より明確に伝達されるのと同時に、彼のもう一つの特徴であるパワフルなブロウと、その一歩手前のギリギリの所で現れる緊迫感がビリビリ伝わって来るんですね。非常に鮮烈な印象です。

それともう一点。このアルバムの中で使用されている、テナー、アルト、ソプラノサックスのトーンのまとまりについて。
コレ、なんと表現したら良いんだろ。とにかく、まるで一本のサックスで、テナーの下の音からソプラノの上の音までカバーしてるんじゃないかと思うくらい(もちろんそれはあり得ないけど)3種のサックスの音のイメージが同一なのです。
今まではテナー以外のサックスをボニーさんが吹いても「ボニさん??みたいな?」だったのが、このアルバムのアルトやソプラノは「ボニさんで間違いないべ」と思えるくらいその効果は絶大。アルバム全体での楽曲の均一感へも大きな影響を及ぼしています。

ftsl01.jpg

オススメのトラックは、でピックアップしたdrumlineの他に、マルキス・ヒルのトランペットをフィーチュアしたvinyl、ファンなら最初のワンフレーズで「それ」と判るボニー節満載のa little attitude、ボニーさんのアルトとニキータ・クリクロウのヴォーカルが切なく交錯するwatchu gon' do about it?、同じくアルトサックスを緩急自在に操ったthe moment、ボニーさんの真骨頂とも言える“歌いまくる”テナーサックスが特徴的なアルバムタイトル・トラックfuturesoulなどなど。ボニーさんのファンも、そうでないヒトも、「2年も待った甲斐があった!」と口を揃えるであろう快作です。

真夏の夜の夢。勝負の時。迷わず聴けよ。聴けばわか(ry


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


BONEY JAMES
/ futuresoul(2015)


01.drumline
02.vinyl
03.a little attitude
04.watchu gon' do about it?
05.either way feat. stokley
06.hand in hand
07.fortuneteller
08.the moment
09.futuresoul
10.far from home feat. marquis hill




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
2年待って、発売日にスグ聴きたいと予約したのに、
1週間以上待たせた尼損に全米(オイラ)が泣いた。
本日もアナタの清き1クリックをプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE SAX PACK / Power Of 3♪

po300.jpg

【パーティー継続中♪】

引き続き開催中でした!世界一スムースなサックス・パーティー♪

昨年の10月、拙ブログの記事における、『2009年の2ndアルバムで終了?そんなぁ…』という悲観的な声を受け取ってくれたかどうかは別として、今年、2015年の4月、ついに待望の3rdアルバム"Power Of 3"がドロップされました!『パーティー継続中♪』というコトで。

はい、ナニはともあれ、シャナキーの公式PVを観て、聴いてくだされ。世界で最もスムースなサクソフォニスト3人衆の、キープ・コンセプトな快演が楽しめます。



ドーデスカ。この、「日本ノ皆サンノ、GWノ、タメニ、用意シマシター」的なパーティー・チューン。ロマンティックなキム兄ィ(アルト)、テクニカルなカシワさん(テナー)、歌心が止まらないコールさん(テナー)。6年経っても変わらないスムースさ。3人で仲良くハンドクラップしちゃったりして(皆OVER40)楽しいんだからあ♪(幸せなら手をたたこう

本アルバムも1st、2nd同様、王道のスムースジャズを爽やかに突き進む好作。“第4のサックスマン”デヴィッド・マン氏も引き続き手腕も発揮し、3人の緊急時の代役としてステージを任された、“躍るサックスマン”マーカス・アンダーソンもフィーチュアリングされ、そのパーティにファンキーな存在感を誇示しています。

po301.jpg

でピックアップした以外にも、往年のダンスフロアを想起させるDisco Here、ジェリー・ジョンソンのリズムギターがグルーヴをリードするShine On、カシワさん大活躍のLike Old Times、超絶ファンキーなアルバムタイトル・チューンのPower Of 3、3人+マーカス・アンダーソンのヒートアップしたソロ合戦が聴きモノのWhat's The Time、「逆リックロールかw」と思っていたらホントにリック・アストリーのカヴァーだったNever Gonna Give You Up等々、捨て曲ナシの充実したアルバムとなっています。

急げば間に合う(?)ゴールデンウィークのBGMにもゼヒ。


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


THE SAX PACK
/ Power Of 3(2015)


01.Sooner Or Later
02.Back In Style
03.Disco Here
04.Shine On
05.Like Old Times
06.In To You
07.Power Of 3
08.When Morning Comes
09.What's The Time?
10.Never Gonna Give You Up




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
リックも好きだ!(いっぱい釣られた)管理人へ
アナタの清き1クリックをプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.