FC2ブログ

■BoneyFrog Blog■

 

 

♪MARCUS MILLER / RENAISSANCE♪

rnssnc00.jpg

【逃げてちゃダメだ】

そう、「逃げてちゃダメだ」、です。
どこぞのアニメのセリフではありません。ワタクシ自身のことです。

エレキベースというモノに初めて触れてから早や32年。途中20年間の休眠期はあったものの、「あなたの特技は?」と問われれば、「楽器(ベース)です」と答えてきた私・ヤセガエル。アマチュアのへっぽこな腕前とはいえ、それなりの自己満足は得てきたつもりでしたし、楽器を嗜む人間として、多くのアーティストや多くのアルバムを片っ端からつまみ食いしては、一般ピーポーの方々に偉そうな講釈を垂れてきたものでした。(このブログがソレです、うん)

ところがその中で、全く手を出さなかった、と申しましょうか、意図的に聴く事を避けてきたアーティストたちが存在したのです。

すなわち、ジャコ・パストリアス、ロン・カーター、スタンリー・クラーク。
さらに、ラリー・グラハム、タル・ウィルケンフェルド、エスペランサ・スポルディング。
そして、ヴィクター・ウッテンに、リチャード・ボナに、ルイス・ジョンソンに・・・・・

・・・つまりアレです。

ソロ・ベーシストとしてメシを食っておられるグレイトな方達のソレ。
『ベーシストのアルバム』を、私はずーーーーっと避けてきたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・だってさぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・。








ホレボレするほどカッコイイことが聴かなくてもすでに判っているのにどんなにガンバッても絶対にソレを弾けやしないという事実を突き付けられて喜ぶような性癖を私は持っていないものですから避けて通るという選択をせざるを得ない自分が可哀想だと思うのです音楽の神様はなんてイヂワルなんでしょう。







・・・・・・・・・・・・・・・・・。

つまりは逃げです、逃げ。

ずーーーーっと、彼らの音楽から、私は逃げてきたんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ところが・・・。




私は偶然、逃げるどころか、吸い寄せられるようにその曲に出会ってしまったのです。

↓↓↓↓↓




ベース・レジェンドの随一、御大マーカス・ミラー氏の"I'll Be There"

これを聴いて私は泣いてしまいました。

-------------------------------------

調べていくと、この"I'll Be There"が収録されたアルバム"Renaissance"は、震災に見舞われた我が日本と、その被災者たちへの応援メッセージが込められた作品である、と。
震災から僅か2ヶ月でチャリティ・コンサートを開き、多くのミュージッシャン達に向けて日本への支援を彼は呼びかけてくれたのだ、と。



“誕生を見つめよう 再生を 復興を”
“音楽には私たちを導く道がある 復興への道が”




そのジャケットに記されたメッセージが、私たちに向けられていることは疑いもない。これは括目して聴くべきであろうと。(?ヘンな日本語か?)

そう、

逃げてちゃダメだ、と。





そんなワケで、ワタクシ、ついにベーシストのアルバムを購入してしまいました。
レビューは・・・・次回のエントリーで自作音源と代えさせていただきます。



-----------------------------------------------


マーカスさん江。
やっぱ超カッコイイです。
貴方のベースを今コピっています。
左右の指が血だらけです。

ドモアリガト。

rnssnc01.jpg



★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


MARCUS MILLER
/ RENAISSANCE(2012)


01.Detroit
02.Redemption
03.February
04.Slippin' Into Darkness
05.Setembro(Brazilian Wedding Song)
06.Jekyll & Hyde
07.Interlude: Nocturnal Mist
08.Revelation
09.Mr.Clean
10.Gorée(Go-ray)
11.CEE-TEE-EYE
12.Tightrope
13.
I'll Be There




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
血だらけで弾くぞ"Detroit"
マーカスさんの偉大さに目覚めたワタクシへの
叱咤激励はコチラから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン 

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NICOLA CONTE / RITUALS♪

rtls00.jpg

【頭と体のコンフュージョンに】

ハロウィンのカボチャくんが大発生する10月半ば。どういう風向きなのか気温は30℃を超え、アブラゼミの鳴く声が響くかと思えば、ツツジが季節をカン違いして開花。中年男性は絶対にやってはいけない(……と、某雑誌に書いてあった)アイスクリームの歩き食いも自ら解禁し、園バスから降りた幼児を連れ歩く母親達からの視線だけが冷たく感じる午後ですコンニチハ。押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセガエルでございます。

本日のレコメンド作品は、夏なのか秋なのか、暑いんだか寒いんだか、もォワケ判んなくなっちゃったカンジの日に聴きたくなるアルバム、ニコラ・コンテさんの"RITUALS"。ラテン・ヨーロッパの物憂さと、アメリカンな黒いグルーヴが同居するクラブ・ジャズの秀作です。

つーワケで、何はともあれを再生するべし。



・・・・・ど~ですか、このカンジ。前述の『ラテン・ヨーロッパの物憂さと、アメリカンな黒いグルーヴ』という表現にナットクしていただけましたかね?相反する要素が絶妙に融合しているとお感じになりませんか?

私はこの作品で初めてニコラ・コンテさんを知ったワケですが、このフュージョンなテイストと、何と申しましょうか、『3メートル離れた場所から作品を作ってみました』的な、ドライなアティテュードがたいそう心地よく、イッパツでファンになってしまったんですよ。上に挙げた楽曲などはその好例だと思うのでジックリ聴いてほしいです。

実は、コンテさんの正体は、DJ、プロデューサー、ギタリスト、リミキサー、そしてソングライター。楽曲によって役割を変え、または兼任し、チームと作品をまとめ上げる総監督なんですね。90年代で言うと、インコグニートのブルーイさんみたいな存在でしょうか。自身の世界を外から俯瞰したかのような作風は、彼のマルチな才能に因るものであり、その視野の広さを実感させられます。コンビニに入ってもガリガリ君以外は何も視界に入ってこなかった私とは少しく違う才人です。(あなたしか見えない

rtls01.jpg

私の推薦トラックは、CHIARA CIVELLOのダル~いヴォーカルが思わせぶりでエッチなKarma Flower、ホセ・ジェームスのクラシカルなヴォーカルとアフロなオケが溶け合うThe Nubian Queens、コンテさんのジャズギターがデリシャスなPaper Clouds、スリリングなトランペット&サックス・ソロが突き刺さるI See All Shades of You、園バスで子供を送り出した後で若妻さんと一緒に聴きたいSong for The Seasons、そして上に挙げたスウィンギーなLove Inあたり。あと数日はこのワケのわからん陽気が続くようですので、頭と体がコンフュージョンしてしまったら、コンテさんの絶妙なミックス術に身を委ねて、心地よい休日を過ごされてはいかがでしょうか?(久しぶりにキレイにまとまったw)


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


NICOLA CONTE
/ RITUALS(2008)


01.KARMA FLOWER
02.THE NUBIAN QUEENS
03.LIKE LEAVES IN THE WIND
04.LOVE IN
05.AWAKENING
06.PAPER CLOUDS
07.I SEE ALL SHADES OF YOU
08.MACEDONIA
09.SONG FOR THE SEASONS
10.RED SUN
11.BLACK IS THE GRACEFUL VEIL
12.CARAVAN
13.RITUALS




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「若妻さんよりガリガリ君!」
そんなグルメなワタクシに叱咤激励クリックを。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

GEORGE DUKE

gd.jpg

2013年8月5日、ジョージ・デュークが天界に召されました。

“巨人”、“天才”、“開拓者”と、様々な呼び名で語られる伝説のミュージシャンでしたが、私にとっては“魔術師”かな。とても残念です…。

RIP GEORGE........



テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / RIT/2♪

rt200.jpg

【ナツにはナツのAOR】

ハイ、夏のAORアルバムのご紹介です。

発売当時(1982年)は、傑作アルバム"RIT"の『二番煎じだ』とか、ジャズ・ギタリストのリトナーさんが『POPSに魂を売った作品』だとか、『エリック・タッグ(Vo.)のソロ作品』だとか、それはもう散々ブッ叩かれた作品ですが、その本質は、『リーさんが西海岸の精鋭を集めて本気でリラクシング・サウンドを追求した』正しくAORの金字塔です。"RIT/2"

どの辺が“本気”なのかと言うと、とにかく招集したそのメンツ。
キーボード、シンセサイザーにドン・グルーシン、グレッグ・フィリンゲインズ。
ベースにネイザン・イースト、エイブラハム・ラボリエル。
ドラムスにハーヴィ・メイソン、ジェフ・ポーカロ。
さらには、バック・ヴォーカルにビル・チャンプリン、リチャード・ペイジら。
パーカッションにはパウリーニョ・ダ・コスタ、ホーン・セクションにはジェリー・ヘイ。
他にもトム・スコット(Sax)、グレッグ・マティソン(Rhodes)。アレックス・アクーニャ(Ds.)、デヴィッド・フォスター(GSI)と豪華にも程がある(笑)。

その超豪華なメンツを惜しげもなく“ピース”として使い、自分(リーさん)と、リードヴォーカルのエリック・タッグを主役として際立たせ、ジャンルの枠組みにも、自分が掲げてきた看板にも囚われる事なく、『今やるべき音楽』として、リーさんが目指したリラクシング・ミュージックがコレなのです。…と、いうワケで能書きよりを聴いてみて。



ど~ですか。この清涼感溢れるサウンド。
ステキでしょう?リラクシンでしょう?夏向きでしょう?

お聴きいただいているのは、リーさん、エリック君、ハーヴィさんの共作"Keep It Alive"。エリック君のエモーショナルなヴォーカルと、リーさんのスムースなギターが好対照ですね。
使われている楽器のほとんどがナマ楽器であるせいか、80年代に流行したやや深めの残響の中でも存在感があってとてもヴィヴィッド。今ではこういうアナログな涼感は貴重かな。

他にも、アースのアレを連想するイントロが物議を醸したCross My Heart、上に挙げた楽曲と甲乙付け難い涼感ソングDreamwalkin'、アルバム発表当時のリーさんの愛器・アイバニーズLR-10の、甘く艶のあるオーバードライブ・サウンドが切ないA Fantasy、3分46秒という短い時間の中で様々な表情を見せる万華鏡的な佳曲Road Runner、後のアルバムで『拡大版』ともいうべきカヴァーが作られた名曲Malibu。全10曲、捨て曲ナシです。

ハイ、オススメのリスニング・シーズンは今。夏です!熱中症対策にどうぞ♪

rt201.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

LEE RITENOUR
/ RIT/2(1982)


01.CROSS MY HEART
02.PROMISES, PROMISES
03.DREAMWALKIN'
04.KEEP IT ALIVE
05.A FANTASY
06.TIED UP
07.VOICES
08.ON THE BOARDWALK
09.ROAD RUNNER
10.MALIBU




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「体感温度が下がった~」という素直な貴方は、
おそらく素直にポチッとするかもしれないな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LARRY CARLTON / RENEGADE GENTLEMAN Featuring TERRY McMILLAN

rg00.jpg

【Rok 'n' Rollが必要だ】

ウィキペディアによると、それは以下のように説明されています。

『生物学的には時間の経過とともに生物の個体に起こる変化。その中でも特に生物が死に至るまでの間に起こる機能低下やその過程を指す』

私に限った事では無いのでしょうが、50年近く人間をやっていると、それをイヤでも体感する場面に日常的に出会います。それも一日に何度も何度も。

そうです。“それ”、すなわち“老化”。

------------------------------

人の顔と名前が一致しなくなってきたり、CDジャケットの文字が小さくて読めなかったり、ペットボトルのフタを始終ポロポロと落としたり、そこにタンスの角があることを目や記憶ではなく足の小指が激しく認識する事がやたらと増え、読み違いに書き違い、思い違いに勘違い、座る時には「よっこいしょ」、立つ時には「どっこらしょー!」、夜10時には睡魔に襲われ、夜中にトイレに行く事数回、朝6時には目が覚める。「老いたなぁ…」と思っちゃいますよ。

つい先日も、職場の後輩とバスの話題が出た時、私が"NON STEP BUS"(ステップの無い低床バス)のことを、ひたすら"NON STOP BUS"(誰も乗れないし降りられない停まらないバス)と連呼していたことに気付かず、ずっと笑いを取り続けていた事もありました(つーか、誰か止めてくれっての)。(『暴走特急』 [DVD]スティーブン・セガール主演

そこで、です。「あ~…あるある!」とか言ってるそこの皆様も、です。
必要なのは、あの頃の熱い気持ちと、汲めども尽きぬエナジーではないでしょうか。
まずは思い出すべし。あの無敵の時代に聴いたRock'n'Rollを。
…というワケで、本日のオススメ作品ですよ!(前フリ長かったね)

lc.jpg

★まずは試聴!(別サイトへ飛びます。プレーヤーの再生ボタンをクリック!)★

お聴きいただいてますか?いかがですか?
思い出すでしょう?エナジー注入されるでしょう?
この熱いブルース魂と、火のような(ノンストップw)ロケンロール!

お聴きいただいているのは、ギターリスト、LARRY CARLTON(ラリー・カールトン)先生の"RED HOT POKER"。'93年にリリースされたロック&ブルース・インストゥルメンタルの傑作、"RENEGADE GENTLEMAN"の最終トラックを飾るナンバーです。

奇しくも、この作品が作られたのはラリー先生が人間を50年近くやってきた(45歳になった)20年前。前述のような「オレも老いたなぁ・・・・」的な場面に遭遇したかどうかは定かではありませんが、これは、自らのルーツとなるブルースやジャズ、ジャズロックを、スポンジが水を吸収するように身に付けていった頃の、『若き』ラリー・カールトンへのアンサーとなる原点回帰作なのです。いや、きっと先生も、「老いたなどと言っている場合か!?思い出すのだ!」と、思い立って作ったに違いない作品ですから熱いのも当たり前ったらアタリマエー。(アルシンド合唱団・ウィズ・イン・ファイト

ラリー先生の粘っこいボーカルが高カロリーなCRAZY MAMA、オーバードライブドされたギターと指ピッキングが絶妙なSLEEP MEDICINE、フィーチュアリングされているテリー・マクミランのハーモニカと激渋ヴォーカルが堪能できるCOLD DAY IN HELL、マット・ローリングスのピアノが疾走感とグルーヴを放出するANTHEM、カリフォルニアの砂漠地帯をピックアップ・トラックで走ったら似合いそうなFARM JAZZ、そして上で取り上げた"RED HOT POKER"が、私・ヤセガエルのプッシュ曲です。

「ああ…老いたなぁ…」と嘆きたくなったら、カズを見ろ!星を見ろ!山本昌を見ろ!
そしてラリー先生のRock'n'Rollを聴きましょう!あの頃の熱い時代を思い出したら、翌朝またノンストップバスに乗り、戦場へと走るのだ!(まとまってないぞ)

rg01.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★

LARRY CARLTON
/ RENEGADE GENTLEMAN
Featuring TERRY McMILLAN(1993)


01.CRAZY MAMA
02.R.C.M.
03.SLEEP MEDICINE
04.COLD DAY IN HELL
05.ANTHEM
06.A MEN A.C.
07.NEVER SAY NAW
08.FARM JAZZ
09.NOTHIN' COMES
10.BOGNER
11.RED HOT POKER




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「なんのハナシ?」という若人の皆様、
20年後には解るハナシさ。
最後に、老いも若きもクリックお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2019 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.